読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

015

f:id:tekitou_su:20130414221337p:plain

先週は新作初演。新作というほど仰々しいものではないけれど、同期が立ち上げた楽団の為に書き下ろしたアンコールピースで、アップテンポで派手めな曲を書いてみた。初めての大編成で眩暈を起こしながら作曲していた(あと〆切ぶっちぎりからの徹夜のせいもある)。どういう音がするか不安だったけど、何より奏者の皆が気に入ってくれたようで嬉しい。再演のチャンスがありそう。

あとSibeliusを使って初めて楽譜をつくった。作りながらちょっとずつ操作に馴れてきたものの、結局かかる手間は手書きと同じくらいだった。ソフトにはソフトの事情がある。やっぱり手で書くのと打ち込むのとは感覚が違っていて、作曲中は脳の別な部分が働いているみたいだった。同じように、画面越しに楽譜をみるとわりと違った見方が出来て、例えば発想記号の垂直位置とか、五線のサイズとか、気になって弄ってみるとキリがなくて奥が深いなあと思った。今回は単純な曲だからまだしも、現代曲を書いたりすると作業がもっと大変だろうなあ。

あ、上の画像に間違いみつけた。

広告を非表示にする