読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

056

Bメロにかすかな憶えがあり、なんだろうなあと思っていた曲が坂本真綾のプラチナであることが判明した。そうかCCさくらだったか。小学生時代にストーリーも把握せずぼやっと観ていたけど、初代OPとほにゃにゃちわー!しか記憶になかった。ていうか菅野よう子じゃないすかあ。

亀田音楽専門学校で転調の説明として挙げられていた曲たちは、だいたい転調というよりも調の段階移動みたいなものが多かったけど、それらに比べてこれは全うに転調している。やっぱり戦略的に進行を練って転調してく曲は、メロディがうまくのればグッと来る。しかもプラチナはその転調するBメロの展開構成がなかなかキモい。小節割りがシンコペーションになっているというか、8小節なのに字余り感がでるように作ってある。いいなあこれ。あとAメロのベースラインの動き方もなかなかにくい。ウェルメイドであることに対して率直に享楽しているところです。 

 

なんか最近一日の終わりにアニソンなどを聞いたりアニメ視聴などをしたりして、一人部屋でしんみりすることが多い。やんごとなき入試休みだよ。

広告を非表示にする