066

f:id:tekitou_su:20140802010414j:plain

池袋に用事があると毎回ジュンク堂→リブロに寄って財布の限り本を買ってしまう流れがある。あるというか今日そのことに気づいた。かつては意識の塊だったので人文書と芸術のコーナーを徘徊していたけれど、意識も下方修正され今はそんなこともない。

で、初めてこれをやった。既に持っている本を買うというアレ。二冊。おかしいなあ確かに『一階でも二階でもない夜』を買ったはずなんだけど……。家まで待ちきれなくて電車で開けてみたら見覚えのある回送電車主義宣言があって、ああシリーズだから毎回載せてるのかなと思ったら目次も見覚えあって、もしやと思い確認してみたら時既にお寿司だった。

良いんです堀江さんの本だったから。事情が出来て地球を離れることになったときはこのもう一冊を持っていくことにします。それまでは保存用にします。ファンですので。だけどいま『燃焼のための習作』が読み途中で止まってる。 

一階でも二階でもない夜 - 回送電車II (中公文庫)

一階でも二階でもない夜 - 回送電車II (中公文庫)

 

 

広告を非表示にする