読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

071

f:id:tekitou_su:20141110102857j:plain

*2ヶ月くらい前に書籍用紙(シフォンクリーム)を購入した。出版譜と同じような紙質で、わりと厚みがあるけれど柔らかい。以前ある写譜屋さんに、書籍用紙はページをめくるとき上質紙よりも音が少なくて良いと教えて頂いたことがあったので、一度試してみたかった。コピー用紙の約3倍の値段だったけど、まあ許される範囲でしょう!

*あんまり入れ知恵働かせてもしょうがないと思ってはいるものの、自作曲を他人に演奏して頂く機会があると、きちんと楽譜を仕上げて立派なプロダクトとしてお渡ししたいなあと思っていて、全体のレイアウトには出来るだけ時間を割いて仕上げたいといつも思っている。(少なくとも気持ちの上では。)だけどいざ仕上げてコピー用紙に印刷してみると、なんだか出来映えが4割くらい下がってしまう気がして、うーむと思い続けていた。で、この間、そういえば前に書籍用紙の存在を教えてもらったなあを思い出して、ちょっと試してみようと。要するに凝り性なんですね。

*喜んでもらえたらいいなあ〜と思ってるんだけど、まず曲が完成しなくて待たせに待たせてるのでマイナスからのスタートっていう。俺の人生うまくいってない。

広告を非表示にする